ウェブカツはじめました。

こんばんは、えりんぎです。
前回の記事投稿の翌日に無事申請が通り、晴れてウェブカツ生となりました!

ということで、まだ1週間しか経っていませんが、
「なぜウェブカツを選んだのか?」「実際に受講してみてどうか?」についてお話したいと思います。



えりんぎのスペックについて


まず、私えりんぎのスペックをご紹介しておきます。

・会社でパソコンを使うが、そこまでスキルは高くない。VBAという名称は知っている状態

・数学が死ぬほど苦手

・つい最近まで家にパソコンがなかった(増税前にMacbook Air購入)

・へー、プログラミングっていろんな言語があるんだー

・PHPとjavaとRuby勉強すればよさそうだな(おすすめで出てきただけで、それが何かもよくわかっていない)

・このブログを書いている今もhtmlがうまく使えず、少し涙目になっている



どうです?かなりレベル低いでしょう?
そんなアラサーOLが今後の人生に不安を覚え、プログラミングを勉強することとなったわけです。






プログラミングスクールを探そう


まず勉強を始めるに当たって、独学は選択肢にありませんでした。
だって何から始めていいかわからないし。
プログラミングってどんどん新しい技術が生まれていそうなので、完全独学は危険だと思いました。
というわけで、あらゆるスクールの評判をググりまくりました。
有名でやたらと「オススメ!」に上がってくるようなところ、絶賛する記事が多いところ、その逆で悪評高いところはやめました。
そして、候補に挙がったのは下記3つです。

・G’s Academy

・ポテパンキャンプ

・DIVE INTO CODE




あれ?ウェブカツ入ってなくない?

そうです、実はここまででウェブカツは候補にも入っていなかったのです。
アフィリエイト記事とかがなかったので、そもそも名前を知ることがなかったのですから。
この中でG’s Academyの説明会に行ってきたので、その感想を交えてウェブカツにした理由を述べます。





G's Academyの説明会に行ってきました


説明会は適宜開催されているようです。私が行った時は私含めて2人だけでした。
なんだか説明してもらうのが申し訳なかった・・・
でも少人数でも説明してもらえるのありがたいですよね。質問しやすかったですし。

概要については割愛しますが、グロービスのプログラミングスクール版という印象を受けました。
私が希望していた週末コースは「自分はこういうサービスを作って世の中を変えたい!」というように目的がはっきりしている人、起業を目指している人向けのような。
手に職はつけたいが、私そこまではないぞ。
※平日コースもあります。そちらは転職希望の方も多いみたいですが、まだ仕事をやめていない私は通えませんでした。

この説明会で

「フロントエンドとバックエンドの両方を理解する必要がある」

「自分は何をアウトプットしたいのか意識しながら取り組む」

「何でも教えてもらおうとしない。自分である程度まで調べて試してみてから質問する」


ということを学びます。
それだけでもかなりの収穫でした。フロントエンドという言葉すら知らなかったのでw

結果的にG’s Academyにはしませんでした。
いろいろなバックボーンの人が集まってくるみたいだったのですごく面白そうだったのですが、
まだプログラミング自体がよくわかっていない私には少し厳しいのかな。万が一入れても落ちこぼれそうだなと。
情けない話ながら、入学前のIQ試験にびびったのも事実です

ただ、目的が明確になっている人にはすごく良いと思います!

そんなこんなで、ウェブカツの存在を知ります。





ウェブカツに決めた理由


何きっかけで名前を知ったのかは覚えていません。
たまたまTwitterかまとめサイトか何かで名前を見かけてググりました。

最初の印象は

「名前といい、トップページといい、ちょっと胡散臭い。」

※参考画像:トップページ
ウェブカツ TOP

「値上げの頻度!ここ数ヶ月で倍くらいになってるけど!!」

「かずきちさん(顧問)怖っ!」



と、相当ネガティブなものでした。誠に申し訳ございません。

でも何でしょう。
石橋を叩いてぶっ壊すレベルに慎重でめちゃくちゃ下調べする私でも、
ウェブカツブログを読んで「なんだか信頼できそう」と思えたんです。(受講生のも含めてブログは相当読みました)
もうフィーリングってやつですねw
ただ、フィーリングと言えど理由はあって、

・自分の将来像が何となく想像できそうだった
・オンラインだけどモチベーションが維持できそう


この2点が大きかったです。

ウェブカツでは、受講者にブログやTwitterでの進捗報告を義務づけています。
※学生割引と女性割引を受ける方のみ。強制ではないにも関わらず、Twitterやブログで自ら発信している男性陣も多いです


私が今書いているこの記事もアフィリエイトではなく、女性割引適用のための報告記事です。
ネガティブなことを書くなとは言われていません。だからこうして思ったままに書いていますw
また、皆さんきちんと毎日Twitterで報告していらっしゃいます。
ポートフォリオを公開されている方もいるので「自分も将来的にはこういうの作れるようになりたい!」
と励みになるのです。

あと決め手となったのは、

・G'sの説明会で学んだ3つを満たしていたから

ですかね。
これから食べていけるエンジニアになるには、プログラミングスクールにおんぶに抱っこではまずいと思いました。
学ぶ範囲と順番を教えてもらいながらも、ある程度自走できるようになるのにウェブカツはうってつけでした。

割と幅広い範囲を教えてくれるのでコスパは良いのではないかと思います。

まあ正直、他のプログラミングスクールのレベル感や実務で必要とされるスキルがどれくらいかわからないので判断できない部分はあります。
ただ自分の直感と他の受講者の声を信じるのみです。
どこのプログラミングスクールに行こうが、結局本人の姿勢次第なのではないかと思います。





実際やってみてどうよ?


まだ1週間ではありますが、とりあえず最初の「HTML・CSS初級」まで終わりました。

これ、ど初心者は厳しいぞ。

ウェブカツ受講生って、授業や趣味で一度でもプログラミングに触れたことのある人が多いように思います。
みんなスイスイこなしてるけど、全くのプログラミング初心者がウェブカツ一本でというのはなかなか厳しいような。
※私がアホすぎるだけの可能性あり 

なので、Progateを補助教材にしながら進めています。
ただ、Progateは穴埋め式の箇所も多いので、全部消して自分で書いたりとかはしています。
基本はウェブカツだけでいいとは思うけど、途中から突然知らないタグが普通に出てきて焦ったので・・・
まあProgateじゃなくてもわからなければググればいいですけどね。
調べさせることを狙った作りになっているのかもしれません。
まだ序盤にも関わらず、既に不安や焦りを覚えながらも、何とかこなしていきます。
それだけレベルの高いことが学べているという裏返しだとも思うので。

また、オンラインでよかったなとも思っています。
オンラインはモチベーションの維持が心配されがちですが、自分のペースで進められるという利点があります。
わからなければ好きなだけ復習ができます。
だらだらにならない工夫は必要ですが、まだ精神衛生上は良いです。
通学式なら私間違いなく落ちこぼれているw




いうことで、6ヶ月で全ての部活を終わらせることを目標に引き続き頑張りたいと思います。
ゆくゆくはアウトプットしたものも公開していければ・・・!


長文乱文お読みいただき、ありがとうございました。
それでは。
関連記事

コメント

非公開コメント